いくつかのプラグインがkusanagi9で利用できない

TOP Forums 使い方全般(Fixing KUSANAGI) いくつかのプラグインがkusanagi9で利用できない

いくつかのプラグインがkusanagi9で利用できない

Viewing 7 reply threads
  • Author
    Posts
    • #763
      masahiro
      Participant

        こんにちは。

        最近Kusanagi9をAzure(CentOS Streaming 8)で利用していますが、
        いくつかのプラグインでおかしな問題が起きています。

        ページビルダー系のプラグインであるBrizyなどでは、
        テンプレートなどを利用しようとするとそれらのファイルが保存されないようです。

        パーミッションの問題も特になく、
        エラーログ(Warningレベルまで)にも出力されていません。

        同じkusanagiを利用しているというXserverでは問題なく動作しています。
        何か手がかりを見つける方法はないでしょうか?

      • #764
        katakura
        Participant

          こんにちは、masahiroさん。

          起きた現象を確認したいと思いますので、以下の情報を教えてください。
          ・PHPのバージョン
          ・KUSANAGIのバージョン
          ・利用しているWebサーバーエンジン(nginx or httpd)
          ・WordPressのバージョン
          ・プラグイン名とそのバージョン
          ・利用しているテンプレート名
          ・/home/kusanagi/(プロファイル名)/log/(利用しているWebサーバーエンジン)/配下の ssl_error.log ファイルと error.log ファイルの内容

          もし、PHPのバージョンが8であれば、ftpsocketに問題がありftpが動作しない現象が確認されています。
          pluginのインストールやテーマの更新などは、ftpを経由するのでこれが原因の可能性が高いです。
          PHPのバージョンが8であれば、以下の方法で解決できます。

          ・KUSANAGIのPHPのバージョンを7.4に落とす
           コマンドは kusanagi php --use php74 です。

          ・wp-config.phpを編集する
           wp-config.php内の以下の記載

          define(‘FS_METHOD’, ‘ftpsockets’);

           を

          define(‘FS_METHOD’, ‘ftpext’);

           か

          define(‘FS_METHOD’, ‘ssh2’);

           に変更します。

          • This reply was modified 2 years, 7 months ago by katakura.
        • #768
          masahiro
          Participant

            有り難うございます。

            PHPは7.4.25で8ではありませんでした。

            KUSANAGI Version 9.0.10-1.el8

            nginx
            wordpress 5.8.2
            テーマはBlocksy
            プラグインはZion Builder
            です。
            現状で最新版を使っていると思います。

            先方のサポートに連絡を取ったところ、原因はサーバーが別のユーザーを使ってファイルを書き込むように設定されているからだそうです。
            確かにkusanagiのユーザーディレクトリーですが、
            書き込まれるのはhttpd/wwwになります。
            wp-file-manager-proというプラグインも同様になるようです。

            ワードプレスのftpの設定はssh2にすると、極端に遅くなりタイムアウトが頻発しプラグインの更新に失敗します。

            error.logはなにもなし、
            error_ssl.logは下記のようになっています。

          • #769
            masahiro
            Participant

              2021/11/19 04:12:48 [error] 2337606#0: *681531 FastCGI sent in stderr: “PHP message: PHP Warning: ftp_fget() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/kusanagi/zzzzzzz.com/DocumentRoot/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 146” while reading response header from upstream, client: 172.69.63.122, server: zzzzzzz.com, request: “GET /robots.txt HTTP/2.0”, upstream: “fastcgi://127.0.0.1:9000”, host: “zzzzzzz.com”
              2021/11/19 04:12:49 [error] 2337606#0: *681535 FastCGI sent in stderr: “PHP message: PHP Warning: ftp_fget() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/kusanagi/zzzzzzz.com/DocumentRoot/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 146PHP message: PHP Warning: ftp_fput() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/kusanagi/zzzzzzz.com/DocumentRoot/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 212PHP message: PHP Warning: ftp_chmod() expects parameter 1 to be resource, null given in /home/kusanagi/zzzzzzz.com/DocumentRoot/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-ftpext.php on line 288PHP message: PHP Warning: filemtime(): stat failed for /home/kusanagi/zzzzzzz.com/DocumentRoot/wp-content/uploads/zionbuilder/cache/dynamic_css.css in /home/kusanagi/zzzzzzz.com/DocumentRoot/wp-content/plugins/zionbuilder/includes/Cache.php on line 168” while reading response header from upstream, client: 172.68.65.245, server: zzzzzzz.com, request: “GET /author/masahiro/ HTTP/2.0”, upstream: “fastcgi://127.0.0.1:9000”, host: “zzzzzzz.com”

            • #772
              masahiro
              Participant

                2021/11/19 04:46:52 [error] 2337606#0: *683369 open() “/home/kusanagi/zzzzzzz.com/DocumentRoot/wp-content/uploads/zionbuilder/cache/11-layout.js” failed (2: No such file or directory), client: 172.70.35.52, server: zzzzzzz.com, request: “GET /wp-content/uploads/zionbuilder/cache/11-layout.js?ver=5.8.2 HTTP/2.0”, host: “zzzzzzz.com”, referrer: “https://zzzzzzz.com/”

              • #773
                katakura
                Participant

                  こんにちは、masahiroさん。

                  回答ありがとうございます。

                  PHPのバージョンが7.4であれば、wp-config.phpのftpsocketsを変える必要はないので、元に戻してください。

                  ログを確認すると、ディレクトリの権限の問題ではないかと思われます。

                  kusanagi provision コマンドを実行すると、以下のディレクトリの権限が 777 になります。

                  ・DocumentRoot
                  ・DocumentRoot/wp-content
                  ・DocumentRoot/wp-content/languages
                  ・DocumentRoot/wp-content/plugins
                  ・DocumentRoot/wp-content/upgrade
                  ・DocumentRoot/wp-content/uploads

                  そのため、kusanagiのユーザーディレクトリにhttpd/wwwのユーザーが更新できるようになっています。
                  以上のディレクトリの権限が 777 であるか確認してみてください。

                  可能であれば、導入したプラグインのZion bulderが書き出すディレクトリの権限が、http/www ユーザーで行える権限になっているか、確認してみてください。

                • #791
                  masahiro
                  Participant

                    katakuraさん

                    ご回答有り難うございます。

                    何回か書き込みをしているのですが、うまく行かないようでして,もう一度投稿します。
                    連投になっていたら申し訳ございません。

                    パミッションは777にしてみましたが問題は相変わらず起きています。

                    ログを見るところ、
                    プラグインが外部サーバーからファイルを取得する部分で問題が起きているようです。

                    おなじAzure上のCentOS7では問題なく、他のレンタルサーバー(X Server)
                    CentOS streaming 8かKusanagi9
                    の問題なのかなと思っています。

                  • #794
                    katakura
                    Participant

                      masahiroさん。

                      ご回答ありがとうございます。

                      ご回答を確認したところ、もしかしたらモジュールが最新化されていないかもしれません。
                      お手数ですが、再度以下の手順に従ってモジュールの最新化を行ってみて下さい。

                      KUSANAGI 9モジュール更新情報

                      KUSANAGI 9 バージョンアップ情報 9.0.11-1.el8

                  Viewing 7 reply threads
                  • You must be logged in to reply to this topic.

                  Next article

                  フォーラムについて