TOP Forums バグ報告と提案(Requests and Feedback) 有料版kusanagiで新しくプロビジョニング作成したけどtarget切り替えで失敗する

This topic contains 5 replies, has 3 voices, and was last updated by  hideishi 2 months, 3 weeks ago.

  • Author
    Posts
  • #636

    LEON
    Participant

    有料版のkusanagiのAMI構築に基づいて下記の通りで新しくプロビジョニングを作成しましたがエラーに失敗して作成することができないです。
    ご教示いただけないでしょうか。

    kusanagiの有料版の手順に基づいて下記のURL通り作成

    KUSANAGI for AWS Premium Edition

    作成後するとkusanagi_htmlというプロビジョニングが出来ていることの確認

    kusanagi initにて下記の環境を設定
    タイムゾーンの設定
    – Asia/Tokyo
    言語
    – 日本語
    キーボードタイプの選択
    – 日本語
    ユーザーパスワードの設定
    – 任意のPW
    鍵認証の設定
    – no
    MySQLのrootパスワードの設定
    – 任意のPW
    ミドルウェアの選択
    – Apache
    APサーバオプションの選択
    – PHP7
    データベースの選択
    – MariaDB

    上記の設定完了後に下記のコマンドを実行してプロビジョニングを作成
    kusanagi provision {プロビジョニング名}

    wordpressの言語
    – ja
    ホスト名(FQDN)
    – 任意のホスト名
    Let’s Encrypt
    – そのままEnter
    メールアドレスを再入力
    – そのままEnter
    データベース名
    – {プロビジョニング名}
    データベースのユーザー名
    – 任意のユーザー名
    データベースのPW
    – 任意のPW

    上記の設定完了後に下記の表示を確認
    {プロビジョニング名} のプロビジョニングは完了しました

    上記の表示を確認後に下記のコマンドを実行すると失敗します。
    kusanagi target {プロビジョニング名}
    失敗しました。

    こちらどこを確認して切り替えを

  • #637

    しょうくん
    Moderator

    LEONさん、こんにちわ。

    kusanagi provition は実行後すぐにそのプロファイルに切り替わっているはずです。
    kusanagi status で現在のプロファイルを確認してみてください。

  • #639

    hideishi
    Participant

    KUSANAGI for AWS Premium Editionをデプロイした場合、
    起動時に自動的に初期設定とプロファイルのセットアップが行われますので
    kusanagi initとkusanagi provisionの操作は不要です。
    (2つ目以降のプロファイルを作成する時はkusanagi provisionをします)

    もう一度kusanagi initしてしまうと、初回起動で作られた設定を上書きしてしまいます。
    その結果、設定に不整合が発生してtargetの切り替えができなくなったのだと思います。

    一度EC2インスタンスを破棄して再度デプロイし直すのが早いです。

  • #641

    LEON
    Participant

    しょうさん

    返答ありがとうございます。
    kusanagi provition は実行後にkusanagi statusで確認した結果切り替わっていないことを確認しております。

  • #642

    LEON
    Participant

    hideishiさん

    2つ目以降のプロファイルを作成したいと思い、有料版の手順後に下記のコマンドを実行したのですがinitが不要だったのでしょうか?
    ※ 1つ目はkusanagi_htmlがデフォルトで作成されると思うのですが任意名でプロビジョニング名を作成したい場合は有料版の手順「3. 初期設定画面でWordPressの起動設定」をやらずに下記のコマンドを実施すればいいのでしょうか?

    kusanagi init
    kusanagi provision {任意名}
    kusanagi target {任意名}

  • #644

    hideishi
    Participant

    LEONさん

    有料版では、初回起動時にkusanagi init相当のことが行われていますので、kusanagi initは不要です。
    kusanagi_htmlに変えて別のプロファイルをプロビジョニングしたいのであれば、
    LEONさんの書かれたとおり、「3. 初期設定画面でWordPressの起動設定」をやらずに
    kusanagi init, kusanagi provision profile名, kusanagi target profile名を実行でよいと思います。

    「3. 初期設定画面でWordPressの起動設定」の手順でセットアップした後であっても、
    kusanagi remove -y kusanagi_htmlでデフォルトのプロファイルを削除して、
    kusanagi provision profile名、kusanagi target profile名で作成することもできます。

You must be logged in to reply to this topic.