KUSANAGI RoD のデータベースに外部のDBを用いる方法

TOP Forums インストール(Installing KUSANAGI) KUSANAGI RoD のデータベースに外部のDBを用いる方法

KUSANAGI RoD のデータベースに外部のDBを用いる方法

Tagged: 

Viewing 19 reply threads
  • Author
    Posts
    • #1282
      soybeans59
      Participant

        お世話になります。

        KUSANAGI Runs on Dockerのデータベースを localhost 以外(例えば、AWS の RDS)を指定した際に provision 実行時にエラーとなる原因についてご指摘をいただけると助かります。なお、データベースオプション未指定(localhost 指定)時は正常に起動することを確認済みです。

        *環境情報
        AWS EC2
        Ubuntu 22.04
        kusanagi-docker 1.5.1
        Docker version 24.0.2
        docker-compose version 1.29.2

        *KUSANAGI RoD が正常起動するコマンド例
        kusanagi-docker provision –fqdn hogehoge.com –wp –php74 wordpress

        *KUSANAGI RoD の起動に失敗する外部サーバーを指定する例
        kusanagi-docker provision –wp –nginx –php74 –admin-user adminuser –admin-pass adminpass –admin-email mailaddress –dbsystem mysql –dbhost awsdbhost —dbname wordpress –dbuser dbuser –dbpass dbpassword –fqdn hogehoge.com wordpress

        ※Value の値はダミーの文字列に書き換えております

        また、今回のケースではすでに作成済みのデータベースを利用したいため、以下のドキュメントの通り、DBNAME/DBUSER/DBPASS を指定しております。
        https://github.com/prime-strategy/kusanagi-docker/blob/master/HowToUse_RoD.jp.md

        上記コマンド実行時のエラー
        ###
        ERROR: Named volume “database:/var/run/mysqld:rw” is used in service “config” but no declaration was found in the volumes section.
        ERROR: Failed.
        ###

        docker-compose.yml ファイルを確認すると configphp の2つのサービスの volumes に database:/var/run/mysqld といった形で指定がされていますが、ymlファイルの最下部の volumes: には kusanagi: のみが定義されている状況です。

        その他必要な情報は適宜提供さえていただくことは可能ですので、ご確認いただけると助かります。
        よろしくお願い致します。

        • This topic was modified 6 months, 2 weeks ago by soybeans59.
        • This topic was modified 6 months, 2 weeks ago by soybeans59.
      • #1285
        satoru
        Moderator

          こちら、KUSANAGI RoDのバグのようです。修正を行いますのでお待ちください。

        • #1287
          soybeans59
          Participant

            お世話になります。
            返信ありがとうございます。バグだったようで安心致しました。
            12月中に AWS で KUSANAGI RoD の導入&リリースを検討しておりますので、迅速にご対応いただけますと幸いです。

          • #1301
            soybeans59
            Participant

              お世話になります。
              AWS RDS などの外部(リモート)のデータベースに接続するワークアラウンドが見つかりましたのでご連絡致します。
              接続がされたという確認のみできた状況です。

              【以下、対応方法】
              運用中のデータベースに対して接続するということが前提で進めているため、アカウント情報などの情報は以下のprovision時にセット済み

              1. provisionの実施
              `
              kusanagi-docker provision –fqdn hogefuga.com –wp –admin-user adminuser –admin-pass adminpass –nginx –php74 –admin-email hogefuga@hogefuga.com –dbsystem mysql –dbname wordpress –dbuser dbuser –dbpass dbpass wordpress
              `

              2. wp-config.php のhost名を外部 DB に書き換える

              3. kusanagi-docker config push で更新を反映する

              以上の手順で外部(リモート)のデータベースに接続がされることを確認いたしました。
              なお、上記の対応が適切かは保証できません。

              バグについて進捗やアップデートがございましたらお知らせいただけますと助かります。

              • This reply was modified 5 months, 3 weeks ago by soybeans59.
              • This reply was modified 5 months, 3 weeks ago by soybeans59.
            • #1310
              satoru
              Moderator

                先ほど、KUSANAGI RoDの1.6.0をリリースしました。
                このリリースで、kusanagi-docker provison –dbost ホスト名を指定した場合に、外部ホストへ接続しWordPressの展開まで行えます。このとき、–dbnameでオプションで指定する名前のdatabase が作成済みで、–dbuser/–dbpassオプションで接続可能である必要があります。

                もし問題があれば、レポートいただけると幸いです。

              • #1311
                soybeans59
                Participant

                  お世話になります。
                  ご対応いただきましてありがとうございます。

                  早速アップデートして使ってみたところ、以下のエラーに遭遇しました。
                  現在オプション指定を最小限にした初期の立ち上げの provision にも失敗する状況でして、外部のデータベース接続以前の部分でエラーとなっております。
                  また、 provision に出るエラーが EC2 Ubuntu 22.04 と MacOS 上で異なっていることも確認済みです。
                  アップデート時に追加でやるべきことが漏れているなど環境のセットアップが不適切だった可能性もあり、ご確認いただけると助かります。

                  *EC2 Ubuntu 22.04

                  
                  $ kusanagi-docker provision --fqdn hogefuga.com --wp wordpress
                  env: ‘database:/var/run/mysqld’: No such file or directory
                  ERROR: yaml.parser.ParserError: expected '<document start>', but found '<block mapping start>'
                    in "./docker-compose.yml", line 27, column 1
                  ERROR: Failed.
                  

                  *MacOS

                  
                  $ kusanagi-docker provision --fqdn wp.localhost --wp wordpress
                  /Users/username/.kusanagi/lib/provision.sh: line 558: ${KUSANAGI_DB_SYSTEM,,}: bad substitution
                  \e[31mERROR: 失敗しました。\e[m
                  

                  Mac で作業する場合、標準出力の前後に文字化けのようなものが入り込んでくることも確認しております。

                  以上、ご確認よろしくお願い致します。

                • #1312
                  satoru
                  Moderator

                    報告ありがとうございます。
                    dbhostを指定しない場合に失敗するのはバグでした。KUSANAGI RoD 1.6.1 をリリースしましたので、こちらをご使用ください。

                    Macで文字化けするのは、環境変数TERM に指定した値が色出力に対応していないためだと思います。以下のように、TERMを設定してください。
                    export TERM=xterm-256color

                  • #1313
                    soybeans59
                    Participant

                      お世話になります。
                      アップデート後、各環境で検証したところ以下の状況でございます。

                      *EC2 Ubuntu 22.04
                      wordpress_config_runで繰り返しErrorとなってしまう。

                      $ kusanagi-docker provision --fqdn hogefuga.com --wp wordpress
                      mkdir: cannot create directory ‘wordpress’: File exists
                      Starting wordpress_httpd    ... done
                      Recreating wordpress_config ... done
                      Recreating wordpress_db     ... done
                      Recreating wordpress_php    ... done
                      Recreating wordpress_ftp    ... done
                      Creating wordpress_config_run ... done
                      Creating wordpress_config_run ... done
                      Creating wordpress_config_run ... done
                      Creating wordpress_config_run ... done
                      ERROR: 1
                      Creating wordpress_config_run ... done
                      ERROR: 1
                      Creating wordpress_config_run ... done
                      ERROR: 1
                      Creating wordpress_config_run ... done
                      ERROR: 1
                      

                      コンテナは立ち上がっているようですが、contents ディレクトリなどが展開されておりません。

                      $ docker ps
                      CONTAINER ID   IMAGE                                    COMMAND                  CREATED          STATUS                          PORTS                                                                                      NAMES
                      d33a9fc5b55a   mariadb:10.6.16-focal                    "docker-entrypoint.s…"   3 minutes ago    Up 3 minutes                                                                                                               wordpress_db
                      ff4f6bdc5753   primestrategy/kusanagi-php:8.1.25-r3     "/usr/local/bin/dock…"   3 minutes ago    Up 3 minutes (healthy)                                                                                                     wordpress_php
                      9795b83402d8   primestrategy/kusanagi-ftpd:1.0.9-r2     "/bin/sh -c /docker-…"   3 minutes ago    Up 3 minutes                                                                                                               wordpress_ftp
                      2287ad58f8aa   wordpress:cli-2.9.0-php8.2               "docker-entrypoint.s…"   3 minutes ago    Restarting (0) 41 seconds ago                                                                                              wordpress_config
                      6cb30993f594   primestrategy/kusanagi-nginx:1.25.3-r3   "/docker-entrypoint.…"   22 minutes ago   Up 3 minutes (healthy)          8443/udp, 0.0.0.0:80->8080/tcp, :::80->8080/tcp, 0.0.0.0:443->8443/tcp, :::443->8443/tcp   wordpress_httpd
                      

                      ymlファイルのみ生成されております。

                      $ ls wordpress
                      docker-compose.yml
                      

                      また、DBHOSTをlocalhostで指定すると有効な値を入力してくださいというエラーが出る状況です。

                      $ kusanagi-docker provision --fqdn hogefuga.com --dbhost localhost wordpress
                      ERROR: option: --dbhost localhost: please input valid hostname.
                      ERROR: Failed.
                      

                      *MacOS
                      Macbook は前回と同じ状況です。

                      $ kusanagi-docker provision --fqdn wp.localhost wordpress
                      /Users/username/.kusanagi/lib/provision.sh: line 558: ${KUSANAGI_DB_SYSTEM,,}: bad substitution
                      \e[31mERROR: 失敗しました。\e[m
                      

                      ご確認よろしくお願い致します。

                    • #1314
                      satoru
                      Moderator

                        報告ありがとうございます。
                        > wordpress_config_runで繰り返しErrorとなってしまう

                        これは、以下のエラーの通り、wordpressディレクトリがすでに存在するため発生します。
                        > mkdir: cannot create directory ‘wordpress’: File exists

                        一度、kusanagi-docker remove wordpress を実行し、一度削除してから再度実行してください。

                        > Macbook は前回と同じ状況です。
                        ここでエラーが出る場合は、bash のバージョンが古いことが原因です。
                        MacOS Xの場合、OSにインストールているbashのバージョンが古いため、homebrewなどで最新のbashをインストールする必要があります。

                        上記の件、お試しいただければと思います。

                      • #1315
                        soybeans59
                        Participant

                          ご返信ありがとうございます。

                          >一度、kusanagi-docker remove wordpress を実行し、一度削除してから再度実行してください。
                          こちらの対応でひとまずコンテナが立ち上がることを確認できました。
                          忙しい中迅速にご対応いただきまして、ありがとうございます。

                          追加の質問となるのですが、バージョン 1.5.1 ではfqdnで指定したアドレスにアクセスができていた以下のコマンドが 1.6.1 で実行するとアクセスができなくなる(502 Bad Gateway)事象が発生しております(本件が解決していないため外部DBへの接続検証ができておりません。申し訳ありません)。ただい、Public IPをfqdnに指定し、Public IP からのアクセスであれば接続ができることを確認済みです。

                          kusanagi-docker provision --fqdn hogehoge.com --wp wordpress

                          おそらくコンテナはすべて立ち上がっております。

                          *コンテナ一覧

                          $ docker ps
                          CONTAINER ID   IMAGE                                    COMMAND                  CREATED         STATUS                          PORTS                                                                                      NAMES
                          98c30eb694ca   primestrategy/kusanagi-ftpd:1.0.9-r2     "/bin/sh -c /docker-…"   3 minutes ago   Up 3 minutes                                                                                                               wordpress_ftp
                          651cfb7a23ee   primestrategy/kusanagi-php:8.1.25-r3     "/usr/local/bin/dock…"   3 minutes ago   Up 3 minutes (healthy)                                                                                                     wordpress_php
                          9de0741bfd8d   mariadb:10.6.16-focal                    "docker-entrypoint.s…"   3 minutes ago   Up 3 minutes                                                                                                               wordpress_db
                          bcc236fdd31a   wordpress:cli-2.9.0-php8.2               "docker-entrypoint.s…"   3 minutes ago   Restarting (0) 35 seconds ago                                                                                              wordpress_config
                          0d275bed92a0   primestrategy/kusanagi-nginx:1.25.3-r3   "/docker-entrypoint.…"   3 minutes ago   Up 3 minutes (healthy)          8443/udp, 0.0.0.0:80->8080/tcp, :::80->8080/tcp, 0.0.0.0:443->8443/tcp, :::443->8443/tcp   wordpress_httpd
                          

                          上記のコンテナは AWS EC2 のサーバーで立ち上げており、ロードバランサーで接続しております。1.5.1の方では wordpress_httpd コンテナに対してヘルスチェックのリクエストが届いておりましたが、1.6.1 ではリクエストすら届いていない状況でした。バージョンの違いによる影響はどのあたりにありますでしょうか?

                          また、PHP や Nginx のバージョンを指定するフォーマットをご教授いただけますでしょうか(フォーラム内で「kusanagi-docker」で検索しヒットしないことを確認しております)。
                          DockerHub の以下のリポジトリのタグを参照にバージョンを指定しておりますが、「invalid reference format」となってしまいます。
                          https://hub.docker.com/r/primestrategy/kusanagi-nginx
                          https://hub.docker.com/r/primestrategy/kusanagi-php

                          以下のバージョンは 1.5.1 のときにデフォルトで使われていたバージョンを指定しております。

                          $ kusanagi-docker provision --fqdn hogehoge.com --wp --nginx=1.23.4-r14 --php=7.4.33-r22 wordpress
                          Creating network "wordpress_default" with driver "bridge"
                          Creating volume "wordpress_kusanagi" with default driver
                          Creating volume "wordpress_database" with default driver
                          ERROR: invalid reference format
                          ERROR: Failed.
                          

                          追加の質問など発生しており申し訳ありませんが、ご確認いただけると助かります。

                        • #1316
                          satoru
                          Moderator

                            > 追加の質問となるのですが、バージョン 1.5.1 ではfqdnで指定したアドレスにアクセスができていた以下のコマンドが 1.6.1 で実行するとアクセスができなくなる(502 Bad Gateway)事象が発生しております

                            上記現象は、docker-compose を再起動すると直る場合があります。docker-compose の再起動は、wordpress ディレクトリ上で docker-compose down && docker-compose up -d を実行します。一度再起動してみてください。

                            > また、PHP や Nginx のバージョンを指定するフォーマットをご教授いただけますでしょうか

                            上記はバグの可能性があります。調査に少々時間をいただきます。
                            暫定処置としては、docker-compoose.yml の image 部分を修正し、docker-compose を再起動してください。
                            なお、php7.4およびphp8.0 はセキュリティサポートが終了したバージョンになります。新たな環境を作成する場合は、php8.1 以上をお使いください。

                          • #1317
                            satoru
                            Moderator

                              > 追加の質問となるのですが、バージョン 1.5.1 ではfqdnで指定したアドレスにアクセスができていた以下のコマンドが 1.6.1 で実行するとアクセスができなくなる(502 Bad Gateway)事象が発生しております

                              上記現象は、docker-compose を再起動すると直る場合があります。docker-compose の再起動は、wordpress ディレクトリ上で docker-compose down && docker-compose up -d を実行します。一度再起動してみてください。

                              > また、PHP や Nginx のバージョンを指定するフォーマットをご教授いただけますでしょうか

                              上記はバグの可能性があります。調査に少々時間をいただきます。
                              暫定処置としては、docker-compoose.yml の image 部分を修正し、docker-compose を再起動してください。
                              なお、php7.4およびphp8.0 はセキュリティサポートが終了したバージョンになります。新たな環境を作成する場合は、php8.1 以上をお使いください。

                            • #1322
                              soybeans59
                              Participant

                                お世話になります。
                                Kusanagi docker 1.6.2 で検証致しました。

                                >上記現象は、docker-compose を再起動すると直る場合があります。docker-compose の再起動は、wordpress ディレクトリ上で docker-compose down && docker-compose up -d を実行します。一度再起動してみてください。

                                こちら検証致しましたが、改善が見られませんでした。
                                以下のコマンドを順に実行:

                                kusanagi-docker provision --fqdn hogehoge.com --wp wordpress
                                docker-compose down && docker-compose up -d

                                >上記はバグの可能性があります。調査に少々時間をいただきます。
                                1.6.2 で修正されたことを確認したため検証致しました。

                                以下のようにNginxとPHPのバージョンを kusanagi-docker 1.5.1 で指定されていたバージョンでコンテナを起動するとすると hogehoge.com からのアクセスが可能であることを確認致しました。
                                kusanagi-docker provision --fqdn hogehoge.com --wp --nginx=1.23.4-r14 --php=7.4.33-r22 wordpress

                                また、以下もアクセス可能であることを確認致しました。
                                kusanagi-docker provision --fqdn hogehoge.com --wp --nginx=1.23.4-r14 wordpress
                                kusanagi-docker provision --fqdn hogehoge.com --wp --nginx1.24 wordpress

                                Nginx のバージョンが 1.25 のときにアクセス不可となることを確認いたしました。
                                kusanagi-docker provision --fqdn hogehoge.com --wp --nginx1.25 wordpress

                                そのため、Nginxのバージョンの違いによる影響がどこにあるのか気になっております。

                                *dbhostのオプションを追加指定
                                上記でアクセス可能であることを確認した3つの nginx と PHP のバージョンを指定し、dbhost についての情報も追加し以下のコマンドを実行したところ、
                                途中で chmod: ./wp-content/uploads: No such file or directory と出てしまう状況です。

                                kusanagi-docker provision --fqdn hogehoge.com --wp --nginx=1.23.4-r14 --php=7.4.33-r22 --dbsystem mysql --dbhost host --dbname wordpress --dbuser user --dbpass pass wordpress
                                Creating network "wordpress_default" with driver "bridge"
                                Creating volume "wordpress_kusanagi" with default driver
                                Creating wordpress_config ... done
                                Creating wordpress_httpd  ... done
                                Creating wordpress_php    ... done
                                Creating wordpress_ftp    ... done
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                                                             Successfully copied 6.66kB to 474d29e1fcdb70a3d805110abc54d48c1b3a1e5368bffedff91af8b64257ace2:/home/kusanagi/wordpress
                                                                             Successfully copied 2.56kB to 474d29e1fcdb70a3d805110abc54d48c1b3a1e5368bffedff91af8b64257ace2:/home/kusanagi/wordpress
                                                                             Successfully copied 12.8kB to 474d29e1fcdb70a3d805110abc54d48c1b3a1e5368bffedff91af8b64257ace2:/home/kusanagi/wordpress
                                                                             Successfully copied 3.58kB to 474d29e1fcdb70a3d805110abc54d48c1b3a1e5368bffedff91af8b64257ace2:/home/kusanagi/wordpress
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                Downloading WordPress 6.4.1 (en_US)...
                                Warning: Failed to create directory '/.wp-cli/cache/': mkdir(): Permission denied.
                                md5 hash verified: 5f9044e6b3f78f1bbdf85fed0244f778
                                Success: WordPress downloaded.
                                Success: Generated 'wp-config.php' file.
                                WordPress is already installed.
                                                                             Successfully copied 261kB to 474d29e1fcdb70a3d805110abc54d48c1b3a1e5368bffedff91af8b64257ace2:/home/kusanagi/wordpress/DocumentRoot/wp-content
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                Creating wordpress_config_run ... done
                                chmod: ./wp-content/uploads: No such file or directory
                                ERROR: 1
                                ERROR: Failed.
                                

                                dbhostの情報を追加した状態で途中でスクリプトがエラーになる原因についてご確認いただけると助かります。

                                以上、よろしくお願い致します。

                                • This reply was modified 4 months, 3 weeks ago by soybeans59.
                                • This reply was modified 4 months, 3 weeks ago by soybeans59.
                              • #1325
                                satoru
                                Moderator

                                  > Nginx のバージョンが 1.25 のときにアクセス不可となることを確認いたしました。
                                  > kusanagi-docker provision –fqdn hogehoge.com –wp –nginx1.25 wordpress
                                  >
                                  > そのため、Nginxのバージョンの違いによる影響がどこにあるのか気になっております。

                                  上記の件ですが、こちらで再現しません。疎通方法は、curl -v http://IPアドレス/ で200 OKを返していることを確認しています。
                                  すいませんが、どのような方法で疎通確認を行っているか、ご教授ください。

                                  > dbhostの情報を追加した状態で途中でスクリプトがエラーになる原因についてご確認いただけると助かります。

                                  こちら、指定したデータベースに WordPressで使用するテーブル( wp_ で始まるテーブルすべて)が存在する場合に、WordPressのプロビジョンが失敗するために発生します。データベース内のテーブルを削除してから kusanagi-docker provison を実行してください。

                                • #1328
                                  soybeans59
                                  Participant

                                    お世話になります。
                                    返信が遅くなり申し訳ございません。

                                    >>MacOS Xの場合、OSにインストールているbashのバージョンが古いため、homebrewなどで最新のbashをインストールする必要があります。
                                    以前返信をいただいておりましたこちらの件、確かにBashのバージョンを上げることで解決致しました。

                                    >>上記の件ですが、こちらで再現しません。疎通方法は、curl -v http://IPアドレス/ で200 OKを返していることを確認しています。
                                    再度検証いたします。結果がまとまり次第ご連絡させていただきます。

                                    >>こちら、指定したデータベースに WordPressで使用するテーブル( wp_ で始まるテーブルすべて)が存在する場合に、WordPressのプロビジョンが失敗するために発生します。データベース内のテーブルを削除してから kusanagi-docker provison を実行してください。
                                    wp_などで始まるテーブルが存在する既存の外部のデータベースにはプロビジョンでは接続できないという理解であっておりますか?
                                    また、上記の仕様を踏まえますと、Kusanagi Runs on Dockerが動いているサーバーをスケールする(サーバーの台数を増やす(負荷分散))運用が生じる場合、プロビジョンではなく、contents フォルダなどのベースとなるコードセットがある前提でdocker-compose up -dを実施後、kusanagi-docker config pushでコードのリリースという運用になるのでしょうか?
                                    スケールを考慮したTipsなどがあれば教えていただけると助かります。

                                  • #1329
                                    satoru
                                    Moderator

                                      > wp_などで始まるテーブルが存在する既存の外部のデータベースにはプロビジョンでは接続できないという理解であっておりますか?

                                      あっています。kusanagi-docker provision –wp コマンドは、あくまでも WordPress の環境を設定するものです。また、docker-compose では Scale In/Out の機能は実装していません。
                                      単純にALB配下にdocker host を追加したい場合は、上位の認識通りで、ディレクトリコピー、docker-compose up -dkusanagi-docker config push を実行します。

                                      Scale In/Out を使用する場合 docker swarm を使用する方法があります。

                                      https://docs.docker.jp/swarm/toc.html

                                      KUSANAGI RoD 作成当時は、docker swarmは廃止の方向だったため採用していません。しかし、現在もdocker swarmは廃止されることなく提供されているため、こちらを使用する方法もあります。

                                      また、AWSをお使いの場合、ECS/Fargate を用いてdocker-compose の内容をもとに、環境構築と運用をできるようです。ただし、こちらではこの方法は未検証です。

                                      https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/automated-software-delivery-using-docker-compose-and-amazon-ecs/

                                    • #1330
                                      satoru
                                      Moderator

                                        追加情報です。
                                        docker-compose で ecs を使用する方法は、つい最近(2023/11)にEOLになったようです。

                                      • #1341
                                        soybeans59
                                        Participant

                                          返信が遅れ申し訳ありません。

                                          >上記の件ですが、こちらで再現しません。疎通方法は、curl -v http://IPアドレス/ で200 OKを返していることを確認しています。
                                          >すいませんが、どのような方法で疎通確認を行っているか、ご教授ください。
                                          AWSのロードバランサーの下に接続するターゲットグループのプロトコルをHTTPにすることで接続ができることを確認いたしました。プロトコルがHTTPSだとKusanagi RoD に接続ができませんでした(こちらの原因と詳細は詰めれておりません)。

                                          RoDでも以下のURL先のようにSSL証明書の発行オプションの用意はないのでしょうか。

                                          https://kusanagi.tokyo/document/commands/ssl/

                                          >単純にALB配下にdocker host を追加したい場合は、上位の認識通りで、ディレクトリコピー、docker-compose up -d、kusanagi-docker config push を実行します。
                                          ありがとうございます。こちらの方法で対応しようと思います。

                                          >また、AWSをお使いの場合、ECS/Fargate を用いてdocker-compose の内容をもとに、環境構築と運用をできるようです。ただし、こちらではこの方法は未検証です。
                                          >docker-compose で ecs を使用する方法は、つい最近(2023/11)にEOLになったようです。
                                          貴重な情報ありがとうございました。

                                        • #1342
                                          satoru
                                          Moderator

                                            RoD では、SSL証明書の登録が可能です。

                                            kusanagi-docker ssl --cert 証明書ファイル --key 鍵ファイル

                                            ただし、RoDでは Let’s Encryptを使用した証明書の更新には対応していません。ご注意ください。

                                          • #1347
                                            soybeans59
                                            Participant

                                              ご連絡ありがとうございます。

                                              >RoD では、SSL証明書の登録が可能です。
                                              こちらの方法を検証したいと思います。

                                              また、外部データベースを用いたRoDの運用方針が固まって参りましたので、改めて御礼申し上げます。
                                              いつも丁寧に迅速にサポート頂きまして、ありがとうございました。

                                              今後も利用させていただく際に気になったところはフィードバックさせていただこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

                                          Viewing 19 reply threads
                                          • You must be logged in to reply to this topic.

                                          Next article

                                          フォーラムについて