Kusanagi RoD の Dockerコンテナ内のタイムゾーンについて

TOP Forums インストール(Installing KUSANAGI) Kusanagi RoD の Dockerコンテナ内のタイムゾーンについて

Kusanagi RoD の Dockerコンテナ内のタイムゾーンについて

Viewing 2 reply threads
  • Author
    Posts
    • #944
      gontankun
      Participant

      いつもお世話になっております。

      Kusanagi RoDでプロビジョンしたWordPress環境において、
      Dockerコンテナ内のOSのタイムゾーンがUTCになっているので、
      できれば、JSTにして頂けないでしょうか?
      WordPressではタイムゾーンが設定できるのですが、WordPressの
      タイムゾーンを使わないプラグインがいたり、コンテナ内で作業する
      際に、タイムゾーンがJSTの方が分かりやすいので。

      お手数ですが、よろしくご検討頂きますようお願い致します。

    • #953
      Keita
      Participant

      こんにちは。

      コンテナ内のタイムゾーンを変更するには、
      ターゲットディレクトリ以下の .kusanagi に、TZ=Asia/Tokyo を追加して、再起動してください。

    • #954
      gontankun
      Participant

      Keita様

      ありがとうございます。

      .kusanagiファイルはDockerコンテナ起動時の環境変数を登録しているのですね。
      作成されていたのは知っていたのですが、どの様な設定でプロビジョンしたのかを
      記録として残しているだけだと思っていました。
      起動時に使っているとは知らず、勉強になります。

      alpineベースで構築されたコンテナは環境変数でタイムゾーンを変更できないといった
      情報も見かけたのですが、httpdコンテナのタイムゾーンだけは変更されました。
      これで、プラグインがUTC表示していた日時はJSTになったようです。

      httpdコンテナはkusanagiディレクトリがリードオンリーになっているので、
      phpコンテナに入って作業することが多いのですが、こちらは変更されませんでした。
      ホストにある/usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyoでコンテナ内の/etc/localtimeを上書き
      すれば良いとの情報もあったので、composeファイルに記述してみようかと思っています。

Viewing 2 reply threads
  • You must be logged in to reply to this topic.

Next article

フォーラムについて