kusanagi9 ホスト名変更について

TOP Forums その他(Everything else KUSANAGI) kusanagi9 ホスト名変更について

kusanagi9 ホスト名変更について

Viewing 10 reply threads
  • Author
    Posts
    • #1194
      Htoyoda
      Participant

        現在、kusanagi9環境にある1つのWEBサイトを以下のように新たなホスト名への移行を計画しています。

        現在 : draft.1111.co.jp
        移行 : http://www.111.co.jp / wwwなし

        kusanagi configuer –fqdn http://www.111.co.jp draft_html
        でドメイン移行して、
        kusanagi ssl –email MAIL_ADDRESS
        でSSL証明書更新する、
        この2コマンドだけで実施可能でしょうか?

        wwwなし、については、上記移行後にnginx側設定変更を行う理解です。

        (あまりにも簡単なので、確認させてください。。。)

      • #1196
        cloudy
        Participant

          Htoyoda さん、こんにちは。
          返信が遅くなってしまいました。

          ご質問の内容ですが、簡単そうに見えて難しそうです。

          kusanagi configure コマンドでは www あり/なし の同時指定が今のところできません。

          KUSANAGI 9 configure

          KUSANAGI9 コマンド

          開発へフィードバックしておきます。

        • #1198
          Htoyoda
          Participant

            ご返信、ありがとうございます。

            確認させてください。
            まず、
            kusanagi configuer –fqdn http://www.111.co.jp draft_html
            と、
            kusanagi ssl –email MAIL_ADDRES
            で、FQDNの変更そのものは可能ですよね?

            wwwwなしへの移行は、上記コマンドで変更完了後に行えば出来るということですね?

            以下、追加で申し訳ありません。
            wwwwなしへの移行について、どのように実施すべきか、参照サイト等あれば教えてください。

          • #1201
            cloudy
            Participant

              Htoyoda さん、こんにちは。

              > まず、
              > kusanagi configuer –fqdn http://www.111.co.jp draft_html
              > と、
              > kusanagi ssl –email MAIL_ADDRES
              > で、FQDNの変更そのものは可能ですよね?

              はい、そのとおりです。
              (念のためですが、SSL 対応にしようとしているのに http:// になっているのは問題はなかったでしょうか?)

              > wwwwなしへの移行について、どのように実施すべきか、参照サイト等あれば教えてください。

              すみません、目的をきちんと把握できていないのですが、

              1. ttp://www.111.co.jp でも ttp://111.co.jp でも同じサイトを表示したい
              2. ttp://111.co.jp でアクセスしてきたら ttp://www.111.co.jp にリダイレクトしたい
              3. ttp://www.111.co.jp でアクセスしてきたら ttp://111.co.jp にリダイレクトしたい

              (1.)の話かなと思っているのですが、念のため確認させてください。
              ※ リンクが多くなると投稿できないので ttp:// と一部表現しています。

            • #1205
              cloudy
              Participant

                Htoyoda さん、こんにちは。

                すみません、勘違いが1個ありました。
                --fqdn にスキーマ (http://) は不要です。

                kusanagi configuer --fqdn www.111.co.jp draft_html

                掲示板側が自動で http:// を追加しているんですね。

                • This reply was modified 7 months, 3 weeks ago by cloudy.
                • This reply was modified 7 months, 3 weeks ago by cloudy.
              • #1209
                Htoyoda
                Participant

                  ご返信、ありがとうございます!
                  所謂、URLの正規化です。
                  wwwあり、なし、どちらに301リダイレクトするかということですね。

                  結果として、(1)のようにwwwあり・なし関係なく1つのサイトにアクセスさせたいのですが、
                  wwwありに統一するか、なしに統一するかは、kusanagi的に設定できるのかなと想定していました。

                • #1212
                  cloudy
                  Participant

                    Htoyoda さん、こんにちは。

                    やはり (1) なんですね。。。
                    SEO 的にあまりおすすめではない手法と思います。
                    なぜなら www ありなしは、検索エンジンは別ページとして扱うことが多いためです。

                    思っている手法と違うかもしれませんが、下記の記事を一度読んでみてください。
                    SEO の内容も書かれている良い記事です。

                    https://www.braveryk7.com/nginx-redirect/

                  • #1213
                    Htoyoda
                    Participant

                      返信、ありがとうございます。
                      いま運用しているサーバも、Conoha+kusanagiです。

                      kusanagi configuer –fqdn http://www.111.co.jp draft_html
                      で、wwwありとして移行完了するとなると、
                      wwwありが前提で、wwwなしでアクセスしてきたらwwwwありにアクセスするという方針にします。

                      結果、kusanagiでこのリダイレクトは設定できず手動でリダイレクトを設定するばよい、ということですかね?

                    • #1221
                      cloudy
                      Participant

                        Htoyoda さん、こんにちは。

                        今回の問題ですが、プロファイルの FQDN が Let’s Encrypt の FQDN と一致しないといけない点です。
                        www ありなしを両方 nginx の conf に混在して書いても、kusanagi の ssl コマンドによる証明書更新は kusanagi の FQDN に従います。
                        よって、www ありでプロビジョンしたら www ありのみ。wwwな しでプロビジョンしたら www なしのみ、となります。

                        少し手間になりますが、下記のとおりでいかがでしょう?

                        www ありとなしのプロファイルを完全に分けることです。
                        www ありを正とするなら

                        www ありのプロファイル:
                        WordPress を好きにプロビジョンする

                        www なしのプロファイル:
                        LAMP をプロビジョンする。
                        全て www ありへリダイレクトする設定を1行追加する。
                        あるいはindex.phpに
                        header(‘Location: www あり URL’, 301);
                        を一行かく。

                      • #1222
                        cloudy
                        Participant

                          Htoyoda さん、こんにちは。

                          追加情報です。
                          下記のトピック返信の内容も参考になると思いますので、ご確認ください。

                          SSL更新の設定変更が反映されない

                        • #1223
                          Htoyoda
                          Participant

                            ご返信、ありがとうございます!

                            1つを正として通常運用して、もう1つを—LAMPでConfigだけプロビジョンしコンテンツ空っぽで、リダイレクト設定だけにすると。
                            まさしくそれで運用できそうです。ありがとうございます。

                            後学のため以下ご教示ください。
                            –noemailオプションの場合、Let’s Encryptの証明書が発行されないと理解しておりますが、これは、証明書なしのHTTPSサーバとなるという仕様でしょうか? あるいは、自己証明書がインストールされる?

                            何度も申し訳ありません。ご教示のほどよろしくお願いします。

                        Viewing 10 reply threads
                        • You must be logged in to reply to this topic.

                        Next article

                        フォーラムについて